格安SIMをiPhoneで使いたい人

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインとして使っていくためにしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選択するというのもありですね。

通常のスマホや外でも接続できるタブレットにはSIMロックされているものと、SIMロックフリーのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMにロックがかかっているのです。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、docomoの端末の場合は、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMカードを使うことができます。

今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

一般的には帯域が太い場合には、ユーザーが一気に増えたとしても、通信速度は下がることなく、設備投資がしっかりしていれば、安定したデータ処理ができるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、料金だけでなく基盤がしっかりとしたMVNOを選択した方が良いことが分かります。

今、格安SIMを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

そのため、カタログスペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どのMVNOも大差はない状態です。

でも、実際に速度を比較してみると各社によって違う場合があります。

具体例として利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

いろんな会社も同一のドコモ回線を使っているのに大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、データ回線の太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。

「データ回線帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

格安SIMを使うことができた場合、携帯代の削減ができます。

ソフトバンク等だと6000円以上かかる料金が、MVNOだと月額1000円以下ということも。

とりあえず、検討してみてもいいのではないでしょうか。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

MVNOでもドコモ回線のところであれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものは実は使えないのです。

そうなったら、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMロックを解除する、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

SIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードと言われているICカードのことを指しています。

スマホなどに、大手携帯会社のものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

もっと詳しく調べたい方はこちら⇒格安SIM テザリング おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です