ドコモの回線を使用している業者

大手キャリアのスマートフォンやタブレットには「SIMロック」が施されているものと、SIMロックフリーのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックが施されています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモの端末であれば、ドコモ回線を使っている会社のSIMカードを使うことができます。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

ドコモの回線を使用している業者であればドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものは実は使えないのです。

それでも使いたい場合は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

格安SIMを使うことができた場合、月々の通信費を抑えることができます。

大手キャリアだと月に7000円以上もかかってきますが、仮想移動体通信事業者だと月額1000円以下なんていう料金になることが。

とりあえず、考えてみても良いと思います。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

安いサービスはちょっと心配という方や、メインで使っていけるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、ドコモやauが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

そもそもSIMとは、ドコモではUIMカード、KDDIでは、auICカード、Softbank MobileではUSIMカードと言われている小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯電話に、ドコモなどのものではなく、格安SIMを入れて使うと、通信料が安くつけるので、話題になっているサービスです。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

格安SIMや格安スマホを販売しているおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

よって、製品スペック上の速度は最大でも150M程度など、何処でも大きな違いはない状態です。

しかし、実際の通信速度を調べてみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

例えば、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

いろんな会社もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

その理由として通信速度は、データ回線の太さと「通信設備」に影響されることがあります。

「帯域の太さ」とこの「設備」とは各社によって違ってくるものです。

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

一般に、帯域が太ければユーザーやアクセスが増加しても、速度が低下しにくく、設備にきちんと投資をしていれば、通信データを安定して供給できるので、アクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、価格だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるサービスを選定する必要があることが分かります。

よく読まれてるサイト>>>>>格安SIM 安定 おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です