スマートフォンにSIMカードをいれただけ

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

格安SIMや格安スマホを販売しているおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

そのため、サービスのスペックとしてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

しかし、実際の通信速度を調べてみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

例をあげると、昼休みの時間帯に通信速度を測ると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

どの事業者も同一のドコモ回線を使っているのにこの通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、データ回線の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「データ回線帯域の太さ」と「設備の品質」とはMVNOによって異なっています。

実は、スマートフォンにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

SIMカードとは、ドコモではUIMカード、KDDIでは、auICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと言われているIC型のカードのことです。

携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインとして使っていくためにきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

しかし、softbankやauのものはなんと使うことが出来ないのです。

その場合は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、または、下駄を使うことになります。

スマホやタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMカードは他社のカードが使えないロック(SIM)がかかっています。

ただし、SIMロックが設定されていても、NTTdocomoの場合は、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMカードを使うことができます。

普通は、データ回線がふとければユーザーが一気に増えたとしても、ネットワークの速度低下は発生せず、通信設備にちゃんと投資をしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

したがって事業者を選定の際には、値段だけでなくサービス品質も考慮してサービスを選定する必要があることが分かります。

格安SIMを使うことができた場合、スマホ料金を安くすることができます。

ソフトバンク等だと7000円から9000円ほどかかる費用が、MVNOだと1000円未満ということも。

とりあえず、検討してみても良いかもしれません。

管理人のお世話になってるサイト⇒格安SIM 家族 シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です