ペットフードに使用されている食材などが良いもの

えさで一番大切なのは、栄養バランスがとれていることです。

食事といっても、ホームセンターやペットショップに行くといろんなものがあり、選ぶのも一苦労だと思います。

動物が必要とする栄養素は、炭水化物、脂質やタンパク質などと人間と同じようなものですが、人とイヌとネコなどでは最適な栄養バランスは割りと違うものです。

自動給餌器の機能は、タイマー設定で自動的にペットにごはんをあげること。

詳細な作りは製造元によって千差万別で、1日に設定できる時間の数が決められているものから、自由に何回でも設定ができるものまであります。

設定された時間になると給餌器のふたが開いたり、自動的にペットフードが出てきたりして、愛犬、愛猫にごはんをあげてくれます。

最新のものだと餌をあげるだけでなく、新機能満載な自動給餌器が続々登場して、以前にも増して便利になってきています。

ペットフードは、人間が口に入れても心配のない新鮮な材料が使用されているものを選びましょう。

犬の体に良くないペットフードと言うのは、多くの農薬が残っており出荷できない野菜など、人に害がある食材も含まれていたりします。

人が食べると害があるものは、人より内臓機能が劣るペットたちにとって良いわけがありません。

また、新鮮な材料を使っているドッグフードは、犬、ネコたちの食べっぷりも良いので、添加物など、有害な物質を使っての加工の必要が無くなるのです。

とは言え、飼い主さんが食べてみるわけにもいきませんよね。

ペットフードに使用されている食材などが良いものかどうか、人間が食べても大丈夫なものかは、製造元のWebに記載されているので、確認することをおすすめします。

あやしくないペットフードであれば、ホームページに記載されているものです。

犬のお食事の頻数は朝晩の1日1~2回がルールですが、もしできれば1日の量を3回を超えて分けてあげてください。

ちょこっとずつ食べることで消化吸収力がアップするのです。

それ以外に犬はご飯のボリュームよりも頻度で満たされると言われています。

食事をもらえる度合が多いほど、犬にすると幸せな時間が、増して心もおなかも満足します。

ドッグフードはスーパーやペットショップなどで購入できるもっとも一般的なペットフードには、袋入りの乾燥したドライタイプと、缶などに入ったウェットタイプの二種類があります。

ドライタイプとは水分がだいたい6%から10%程度に抑えられる一方、ウェットタイプでは60%から90%程度の水分が含まれています。

半生タイプの水分量は25%から35%程度になっています。

ドライタイプだと開封しても長期保存ができ、なんと言ってもその安さから定番となっています。

ウェットタイプは開封しちゃうと長持ちしないので、ちょっとコスト的にはかかるかもしれません。

もっと詳しく>>>>>消臭剤のランキング!ペット用最新版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です