モバイル端末ではAPNが設定済み

あなたが格安SIMに切り替えれば、通信費の削減が出来ます。

docomo等だと月に7000円以上もかかってきますが、格安SIMだと月々数百円なんていう料金になることが。

ここはひとつ、見直しを考えてみても悪くないのではないでしょうか。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、ユーザーが一気に増えたとしても、速度低下に陥ることがなく、しっかりとした設備であれば、データを安定して処理できるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、安ければ良いということではなくきちんとしたサービス品質を提供できるサービスを選定する必要があることが分かります。

実は、スマートフォンにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

スマホやタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、他の会社のSIMは使えないSIMロックが施されています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、NTTdocomoの場合は、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMのサービスを利用することができます。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

格安SIMがよくわからない人や、これのみで使っていくためにきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、ドコモやauが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、インターネットやメールは問題なくできます。

SIMカードとは、docomoでは、UIMカードau(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクでは「USIMカード」という名称のIC型のカードのことです。

スマホ、タブレットに、大手携帯会社のものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、安い料金で使えることがあるため、話題になっているサービスです。

格安のSIMを売っている多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

そのため、仕様としての通信の速度は最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

たとえば、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

いろんな会社も同一のドコモ回線を使っているのにこの通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

その理由として通信速度は、データ回線の太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。

「帯域の太さ」と「設備の品質」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

でも、ソフトバンクとauのものはそのままでは使えません。

その場合は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMロック解除をなんとかする、下駄などを使って何とか認識させることになります。

おすすめ⇒家族と通話がしたい。格安SIMで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です