SIMロックフリーのxperiaを準備

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

MVNOでもドコモ回線のところであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

auやソフトバンクのiPhoneはそのままでは使えません。

そんな時は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、ロックを解除する、下駄などを使って何とか認識させることになります。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

格安SIMはちょっと不安という方や、これのみで使っていくためにしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、NTTdocomoやauから出ているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

低価格でデータ通信できる格安SIM。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

実際にはスマホにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。

それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

今、格安SIMを販売しているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、仕様としての通信の速度は最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると各社によって違う場合があります。

たとえば、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

多くのサービス提供元も同一のドコモ回線を使っているのに大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「回線の帯域の太さ」と「設備」とは各社によって違ってくるものです。

仮に格安SIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。

ソフトバンク等だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安のSIMを使うと月々数百円なんていう費用に。

いったん、検討してみても悪くないのではないでしょうか。

キャリアから購入したスマホやタブレットにはSIMロックされているものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、他の会社のSIMは使えないSIMロックというものが設定されています。

けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモの回線を借りている事業者のSIMを利用することができます。

普通は、データ回線がふとければ利用者が増加しても、速度低下に陥ることがなく、しっかりとした設備であれば、データを素早く処理できるためアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、価格だけでなく回線や設備の品質も含めて事業者を選択する必要があることが分かります。

SIMとは、ドコモでは「UIMカード」、au(KDDI)では「au ICカード」、Softbank MobileではUSIMカードと言われている小さいICカード(SIMカード)のことです。

スマホなどに、大手キャリアのものではなく、格安SIMを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近注目されるようになっています。

詳しく調べたい方はこちら⇒格安SIM テザリング xperia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です