食事による摂取が一般的

野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといった青菜系の葉菜が多いようです。

赤ちゃんを授かったあと、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。

葉酸の摂取で、先天異常の発症リスクが抑えられるらしいのです。

ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆や貝類を食べるのを勧めたいものです。

妊活中の女性に対して、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。

そのため、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こすリスクが高くなるという話があります。

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。

この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。

葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり食事の中で十分な葉酸を摂る事だと言えます。

葉酸の含有量が多い食材は、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。

あるいは枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。

葉酸の含有量が多い食品は様々にありますが、これらを継続的に摂るというのがちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリを飲むことも間違いではありません。

サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できます。

妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が多いと思います。

しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。

ですから調理のために加熱することで葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、結果的に、摂取量が足りないという事もあるので、注意が必要です。

不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。

ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。

また、周囲の期待感や気遣い、本人の不安などが不妊治療中のストレスとなることも少なくなく、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。

周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが大事かもしれません。

一度目の妊娠の時、流産してしまいました。

とても悲しくて、しばらく子供のことは考えられなかったのですが、だいたい一年位たってから、また、妊娠に向けて前向きな気持ちを持てるようになり、妊娠を考えて行動するようになりました。

サプリ等で栄養を補給することはもちろん、妊娠に適した体を作るために、冷え性がひどく、夏でもカーディガンを手放せなかった私は運動を始めてみました。

運動によって新陳代謝が良くなったのか、低体温が改善し、基礎体温が上がったので困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。

適切な葉酸の摂取の結果、赤ちゃんの先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が科学的な研究によって、明らかになっています。

そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生労働省が推奨しており、葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品に指定されているものもあります。

こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦が利用する場合も少なくありません。

胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。

食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。

それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。

妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においてもとても大事な栄養成分ですから、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。

友達の話ですが、彼女が妊活をしている時に薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。

彼女が言うには体質から変えたい、と考えているようでした。

漢方であれば、妊娠中でも安全に服用できると思います。

彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを妊娠できたので、良かったと思っています。

まだ妊娠できないと悩んでいるときは、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。

たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、体の状態というのがよく分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。

基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。

変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといったお約束がありますから、きちんと守っていくことが大事です。

一日忘れても根気よく続けていきましょう。

購入はこちら>>>>>成長期の中学生に栄養を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です