スマホに格安SIMを端末にセットした

キャリアから購入したスマホやSIMが搭載できるタイプのタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMを他社のものが使えないロック(SIM)がかかっています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモの端末であれば、ドコモ回線を使っている会社のSIMカードを使うことができます。

今現在、格安SIM、スマホを販売するおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

そのため、カタログスペック上の速度は最大でも150M程度など、どの会社でも大きな差異はない状況です。

しかし、実際の通信速度を調べてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

一例を挙げるとアクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

さまざまなMVNOもNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、帯域の太さと通信の設備に影響されるからです。

「回線の帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、インターネットやメールは問題なくできます。

SIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードauではauICカード、softbankではUSIMカードという名称の小さいICカード(SIMカード)のことです。

スマホ、タブレットに、大手携帯会社のものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、話題になっているサービスです。

あなたが格安SIMに切り替えれば、携帯代の削減ができます。

docomo等だと月に7000円以上もかかってきますが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月に1000円程度という料金プランも。

一回は、プランニングしてみてもいいのではないでしょうか。

実際にはスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはそのままでは使えません。

そうなったら、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMロック解除をなんとかする、または、下駄を使うことになります。

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

安いサービスはちょっと心配という方や、メインとして使っていくためにしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選択するというのもありですね。

通常、帯域がしっかりしていればアクセスが増えたとしても、速度が低下しにくく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、通信データを安定して供給できるので、利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、低価格ということだけでなく安定したサービスを提供出来る会社を選ぶ必要があることが分かります。

参考サイト:おすすめの格安SIMで通話は?

SIMとは、ドコモでは「UIMカード」、KDDIでは、auICカード

キャリアから購入したスマホや外でも接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、SIMロックフリーのものがある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、SIMカードは他社のカードが使えないロック(SIM)がかかっています。

ただし、SIMロックが設定されていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

安いサービスはちょっと心配という方や、メインで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

一般に、帯域が太ければユーザーやアクセスが増加しても、通信速度は低下せず、ネットワーク設備がキチンとしていれば、通信データを安定して供給できるので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、料金だけでなく基盤がしっかりとしたMVNOを選択した方が良いことが分かります。

そもそもSIMとは、ドコモでは「UIMカード」、KDDIでは、auICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」という名称の小型のICカード「SIMカード」のことです。

スマホ、タブレットに、ドコモなどのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、話題になっているサービスです。

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

しかし、softbankやauのものはそのまま利用することはできません。

そのような方は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、ロックを解除する、下駄などを使って何とか認識させることになります。

格安のSIMを売っているだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

したがって、スペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どのMVNOも大差はない状態です。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

例をあげると、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

いろいろな仮想移動体通信業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、通信回線の帯域の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「回線の帯域の太さ」と「通信の設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。

低価格のSIMを使うことができれば、通信費の削減が出来ます。

ソフトバンク等だと7000円から9000円ほどかかる費用が、格安SIMだと月々数百円なんていう料金になることが。

一回は、確認してみても悪くないのではないでしょうか。

お世話になってるサイト>>>>>格安SIM 安定 速度