格安SIMを販売している多くの仮想移動体通信事業者

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月々1000円のものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

安いサービスはちょっと心配という方や、ベースとして使って行ける実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、ドコモやauが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。

今、格安SIMを販売している多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

そのため、仕様としての速度は最大でも150M程度など、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

でも、実際に速度を比較してみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

一例を挙げると昼休みの時間帯に通信速度を測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

さまざまなMVNOもNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、帯域の太さと通信の設備に影響されるからです。

「帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

一般に、帯域が太ければユーザーやアクセスが増加しても、速度低下に陥ることがなく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、通信データを安定して供給できるので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、値段だけでなくサービス品質も考慮して会社を選ぶ必要があることが分かります。

よく読まれてるサイト:マイネオ MNP スマホ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です