お手軽に葉酸が取れる方法を活用

妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。

赤ちゃんが健やかに育つように、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、日々の生活に葉酸を取り入れることをお勧めします。

厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は1日あたり葉酸0.4mgです。

さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。

葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというと葉酸不足の心配もあります。

ですので足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。

今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。

通常の食事での摂取とは別に、充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省によって勧告されています。

葉酸を十分に摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。

もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は胎児の安全性を考慮した上で、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を大事です。

ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。

ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。

早く赤ちゃんを望む周囲の期待や当事者ゆえの焦りなどが不妊治療に通ううちに高じてくるというケースもあり、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。

神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、大事かもしれません。

皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性が行うものだと考える方も居ますよね。

ですが、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。

それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。

不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は女性の問題ばかりでなく、男性側の問題だというケースもあります。

男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。

葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。

ですので、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。

一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜系の葉菜が多いようです。

病院の検査で妊娠が分かってから、早めにこれらの食材を摂取することによって、胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があると知られています。

毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。

納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのをオススメしたいです。

あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。

葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。

葉酸の含有量が多い食材は、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。

あるいは枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。

幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることが難しいということもあるでしょう。

特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。

そうした時にはサプリを飲むことも間違いではありません。

サプリには、葉酸をはじめ女性に不足しがちな成分を含んだものもありますから、食事では摂りきれない栄養素を手軽に摂取できます。

妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。

この期間は葉酸の十分な摂取が推奨されています。

ところで、妊娠後期の妊婦には葉酸が必要ないのでしょうか。

実際にはそれは違います。

葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠初期が大変重要な期間という事ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。

葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。

産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。

厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。

とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方も少なくはないと思います。

仮にサプリメントを摂っていないとしても、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。

ですから普段食べる機会の多い青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、食事によっても、多少は葉酸を摂れていたと思います。

妊活中に、出来るだけ母体に良い食事をしようと考える方にとって、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。

妊活に効果が高いお茶としては、ルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。

これらはカフェインが含有されていませんので、いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。

実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があるという話もありますから、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。

妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。

そのため、葉酸が欠乏してしまうと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こすリスクが増加するという報告があるのです。

胎児の栄養は全て母体から賄われています。

胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。